KRYNA ケーブルインシュレーター Helca1

  • kryna-helca1
  • kryna-helca1
  • kryna-helca1
販売価格(税込)
¥11,880
在庫状態
在庫有り
数量

KRYNA ケーブルインシュレーター Helca1

ケーブルインシュレーターの常識が覆る!

ケーブルインシュレーター・・・? うちでは使えないよ。
とお考えになられたあなた。まだ従来の常識に縛られてますね。
ケーブルインシュレーターと聞いて、最初に想像したのは床に置いて使う凹型のブロックですよね。
そう。
従来のタイプは、使いどころが非常に限定されていて、実際には導入が難しかったのではないかと思います。
しかし・・・
KRYNAから発売された『Helca1』によって、そんな常識はコナゴナに打ち砕かれました!
メーカーはこの商品を一応ケーブルインシュレーターと呼んでいますが、そんな既成概念の範疇から飛び出した商品です。

どんなケーブルにも装着可能

『Helca1』は螺旋状のチューブを直接ケーブルに巻き付けて使う構造なので、ケーブルの種類を問わず使用することができます。
電源ケーブル、スピーカーケーブル、RCAケーブル、デジタルケーブル、USBケーブル、LANケーブル、フォノケーブル・・・など
直径が20mm以下のケーブルならどんなケーブルにも使えますので、
・電源ケーブルが機器から直接出ていて交換ができない機種
・端子のスペースが狭くて市販の高音質ケーブルが使えない機種
・電源、本体別体式で専用の接続ケーブルが必要な機種など
今まで標準のケーブルしか使えなかった機材でも、ケーブルのグレードアップが可能です!!

<Helca1使用イメージ>

使い勝手が抜群に良い

『Helca1』は非常に柔軟なので、ケーブルの取り回しを損ねることがありません。
環境を変更することなく、お使いのケーブルに付けるだけでシステム全体のレベルが格段にUP↗↗
ラック裏で配線がゴチャゴチャしていても、ケーブル同士が絡まずに使用することができます。
特に電源ケーブルやRCAケーブルなどは、床を這わずに空中配線になっていることも多いと思いますが、『Helca1』はこんな状態でも効果があるんです!
ここは重要なポイントですが、床を這っているケーブルだけじゃなく、空中配線になっているケーブルにも効果的!
なんでそんなことが可能なのか?
これは、『Helca1』の構造に秘密があるのだと思います。

チューブの中に秘密が!?

『Helca1』はチューブの中にKRYNAのインシュレーターに使用されている、スティッキー溶液が封入されています。
この溶液が振動に対して効果的なのは、同社のPROPシリーズやAudioSpiceをお使いになった方はご存知ですよね。
螺旋になったチューブに溶液が充填され、ケーブルの周りをぐるりと取り囲んでいるので、あらゆる方向の振動からケーブルを保護するというのは理屈でわかるのですが、それだけでは説明できない効果がもう1点。
それは、壁や床に触れずに空中配線になっているケーブルでも高い効果があるということです!!
ケーブルが空中に浮いた状態でも効果があるのは、チューブに充填されているスティッキー溶液が、振動だけでなく電磁波などのノイズに対しても高いシールド効果を発揮している為だと考えられます。
ノイズからもガードすることで空中配線のケーブルにも効き目があるのでしょう。
空中配線でも効果があるということは、電源&アクセサリー大全2018オーディオアクセサリー166号で、評論家の林正儀先生も言及されているので、ぜひ一度読んでみて下さい♪

ケーブルインシュレーターとして理想的な構造

『Helca1』の構造は外部の振動やノイズからケーブルをガードするだけじゃなく、ケーブルが発している磁界を外部に漏らさない役目も果たしています。
ご存知の通り、ケーブルに電流が流れると周囲に磁界が発生します。
特にラックの裏などケーブルが重なり合ったところでは、お互いに影響しあって音質を悪化させる一因となっています。
これが『Helca1』を使うことでケーブル1本ずつが、音質悪化の要因となる磁界の影響を受けずに取り回しできるのです。
外部から「もらわない」だけじゃなく、外部に「漏らさない」!
かつてこんな製品があったでしょうか?
恐らく世界でも類を見ない製品だと思います。

やめられない!とまらない!

『Helca1』の最大の魅力は、なんといってもそのコストパフォーマンスでしょう!
1本あたり11,000円(税別)なので、まずは電源ケーブルにでも1本付けてみようかな・・・

え!?1本使っただけでこんな効果あるの??

それならこっちのケーブルにつけたらどうだろう・・・

ここも効果あるじゃん!!

じゃあもう1本購入しなくちゃ。
の無限ループになっても責任は取りません(笑)

どこに使うと効果的?

実際にどんな効果があるのかケーブルの種類別に検証してみました。

【全てのケーブルに共通した効果】
・音の濁り、にじみが取れクリアで明瞭な音になる
・ボーカルにまとわりついていた余計な付帯音がとれる

【電源ケーブル】
・一音一音が明瞭になる
・エネルギー感が出てくる
・定位が明確になる
・音の抜けがよくなる
・ザラついたところが取れクリアな音になる

【デジタルケーブル】
・特に音場空間の広がりに効果がある
・奥行き、高さが出て三次元的な音場空間になる

【RCAケーブル】
・S/Nが向上しザワついたところが取れ明瞭でクリアな音になる
・低域のこもっていた部分が取れ、明瞭で存在感のある音になる

【スピーカーケーブル】
・解像度が出る
・低域の存在感が出てくる

おすすめポイント!

どこに使っても効果的な『Helca1』ですが、どこか1本だけしか使えない!となったら、
やはりお勧めは電源ケーブルもしくはデジタルケーブルになるでしょう。
電源ケーブルは使う前から効きそうだなと予感はしていたのですが、デジタル系のケーブルにも大きな効果があったのは意外でした。
同軸デジタル、USBケーブル、LANケーブル。どこに使っても効果抜群ですよ!!

使用例

本当にどんなケーブルにも効果があるのか、実際に色々なメーカーの電源ケーブルに取り付けて効果を確認してみました。
驚いたのはケーブルのメーカー、材質、構造、価格などに関係なく、どのケーブルに付けても効果が確認できたことです!
効果の度合いもケーブルによって差があり、特定の音色がのってくるものではなかったので、ケーブル本来の能力が出てきたのだと思います。
せっかく買った高価なケーブルをさらに生かすも良し!
リーズナブルなケーブルに取り付けて打倒高級ケーブルを目指すも良し!
『Helca1』によって今までのケーブル環境が飛躍的に進化します!!


アコースティックリバイブ POWER MAX 10000
<効果>
・一音一音が明瞭になる、エネルギー感が出てくる、定位がハッキリとする、付帯音(エコー)が取れて聞きやすくなる


AET SCR-AC-HR 1.8m
<効果>
・一音一音が明瞭になる、定位が明確になる、エネルギー感が出てくる
・音場空間に広がりが出る、奥行きが出る、ボーカルの口の大きさが適切なサイズになる


光城精工 アンドロメダ KS-706W 1.5m
<効果>
・一音一音が明瞭になる、エネルギー感が出てくる、音離れが良くなる、低域がハッキリとしてくる


クリプトン PC-HR500M-TripleC 2m
<効果>
・音が明確になる、定位感がよくなる、エネルギー感が出る、高域、低域ともに伸びてくる


日本オーディオ PW-7700 1.8m
<効果>
・一音一音が明瞭になる、定位が明確になる、エネルギー感が出てくる、音離れが良くなる


レビュー投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

レビューを投稿する

総合評価:  
 0 件のレビュー