KRYNA インシュレーション溶液 AudioSpice

  • kryna-audiospice
  • kryna-audiospice
  • kryna-audiospice
販売価格(税込)
¥3,240
 
+5%ポイント還元!
在庫状態
在庫有り
数量セット

KRYNA インシュレーション溶液 AudioSpice

笑ってしまうほどの効果があります!

お待たせしました!
インシュレーターのスパイス『AudioSpice』が いよいよ販売開始です。
KRYNAのインシュレーターT-PROPはもちろん、スパイク+受け皿タイプの他のインシュレーターにも使用でき、 インシュレーターの効果を最大限に引き出す魔法のスパイスです!!
え、「そんなもん本当に効くのか??」
そうですよね。
こんな怪しいものが本当に効くのか疑わしいですよね。

しかーし、これ本当に効くんです!!
AudioSpiceの有無で実演すると皆さん大体笑い出すんです(笑)
「何でこんなのがこんなに効くの??」って
私も笑ってしまった一人ですが、何故こんなに効くのか 不思議に思ってしまう程、絶大な効果を発揮します。
効いてるような気がするというレベルではなく 確実に効果があるのは一聴瞭然なんですよね。

効果としては解像度UP、ボーカルの高さが出る、奥行きが出る、 定位がよくなるなど盛り沢山です。
そして何よりうるさい所がスーッと消えてとても聴きやすくなるんです。 しかも音の芯はハッキリとするという 美味しい所どりです。

皆さんも是非この魔法のスパイスを色々なものに使って その効果を味わって下さい。 (※効果はStageのT-PROPに使用したものです。)

AudioSpiceの使い方

AudioSpiceは 『Sticky』と 『Natural Liquid』の2液を Mixして使うインシュレーション溶液です。

『Sticky』はC-PROPやD-PROP extendで実証済みである、 餅の様な粘性とバネ性を有した溶液。
『Natural Liquid』は『Sticky』の効果を保護、持続させるための 保護溶液になります。

『Sticky』を4〜5滴たらし、その上に『Natural Liquid』を 4〜5滴たらしてお使い下さい。

関連動画

qanda

1.AudioSpiceの使い方って??


レビュー投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

レビューを投稿する

総合評価:  
 6 件のレビュー
by S

前回の溶液交換から9ヵ月足らずとまだ少し早いのですが、作業には最適な季節を迎え、自作スピーカーベース(付属のダイキャスト製ベースでは不安なため、6mm厚のステンを5mmと10mm厚のパドウク-本花梨でサンドイッチし作成)で使用しているT-PROPのAudioSpiceを交換したのを期に、AudioSpice有無の違いを再確認しました。
過去に参考となる多くのインプレがあるので詳細は避けますが、AudioSpice有りの効果は独奏Vn.をTimp.が細かなロールで受ける様、木管のメロディーを微かな音量で下支えするVn.群等々、心地よい音楽表現、音楽空間が部屋全体に再現され「いつのまにか曲の最後になっていた」ことを、あらためて実感しました。自然でフラットな傾向は、電源ケーブルAcca5が一役買っていることも忘れてはいけませんね。「試してみる価値多いにあり」です。

by ちょっと小熊さん

D-プロップがエクステンドに変わった時にこの溶液には心底驚きましたが、やっとその改良型溶液が発売、早々に購入しました。
5月の季節柄フタを開けると可愛らしい鯉のぼりの様な容器がすっかりお気に入りです。
早速スピーカーとスピーカーベースのT-プロップにこれを入れてみました、ワオッ、スッキリィ、ビックリィ、です。
細かい事は他の方が書かれているとおりですが、SNが良いのは多々あれどノイズを消してソフトの情報だけを再現出来るのはkrynaくらいですね。 再生するジャンルは選びません、音楽が聞こえてきますよ。

by 鍋や

AudioSpice、Tプロップに入れました。

【作業工程】
まず、スピーカーの4隅に文庫本3冊ずつはさんで浮かせ(約45mm)、受け皿をはずしました。 そして、慎重に4滴ずつ入れました。
『Sticky』は糸を引くほど粘性のある液体で、うっかりすると容器の口に戻ってしまうので、1滴入れて手を緩めて泡が容器の中に戻ったことを確認しないと、1滴が落ちたのかどうかが分かりにくかったです。
一方『Natural Liquid』はさらさらの液体なので、『Sticky』と同じ調子でやるとボタボタボタッと出てしまいます。(出してしまいました。)
また、容器を立てて出さないと、「裏漏り」して、あらぬ所から垂れてきます。(垂らしてしまいました。)
容器に液体は十分たくさん入っているので、多少の失敗は問題ありません。
受け皿をくるくると取り付けて戻すと、何と!スパイクの高さが変わって、ガタが出た! 物凄く焦りましたが、付属の工具で回して調整すれば良いだけの話。
床に這いつくばって左右やると、汗だくでした。
絶対、取り付けのときに一緒にやってもらった方がいい!!

【効果の程】
試聴CDは、
ブライアン・フェリー 『TAXI』
サン・サーンス 『交響曲3番オルガン付』  Marek Janowski指揮
Nouvel Orchestre Philharmonique de Radio France の2枚。

ブライアン・フェリーの方では、最初の地鳴りのような「atomos-guitar」の奥行きと広がりが大きくなり、楽器や歌の定位がよりはっきり聞き取れるようになりました。
サン・サーンスは、弦が洞穴の奥の方でやっているような不思議な奥行きのあるCD(harmonia mundi盤)で、チェックCDとしていつも聴いています。
これまでは、正直言って、管、打楽器、オルガンがどこから音が出ているのかはっきりしなかったのが、 今回、AudioSpiceを入れると、管、打楽器、オルガンが、広がりを持った奥行き(かなり奥深いです)を持って定位していることが初めて分かりました。
4楽章の、楽屋裏に置いてあるピアノの音も、その位置と響きがはっきり分かるようになりました。 これは、衝撃でした。
その後は、いろいろなCDをとっかえひっかえかけて、ううーむ… というパターンになったということは言うまでもありません。
この値段でこの変化は、これまでで最大のコストパフォーマンスの良さではないでしょうか。

(拍手)

【使用機材】
旧KRYPTON時代の真空管ラインアンプ ML-55
旧KRYPTON時代の真空管ステレオパワーアンプ MH-35GC
旧KRYPTON時代のスピーカー HAD35
KRYNA CDプレーヤー YCD-24

Page 1 of 2:
«
 
 
1
2
 
»