雑誌では教えてくれないこと・・・

先日ふとTVを見ていたら関ジャムという番組にミュージシャンのコブクロが出演していました。

コブクロといえばオーディオマニアでも非常に有名ですが、
番組の中で言っていたことが「そうだよね!」と非常に納得でき内容だったので概要を紹介します。

・スピーカーはなんで2本あるのか。それは左右両方使うことで前後左右の立体感を出すため。

・5.1chの意味がわからない。ステージの中で聴くの?オーディオとしては2chで完成してる。

・みんなTVには何十万てお金をかけるのに、何でスピーカーは10万で高いとか言ってんの?
 どんな高画質なTVだって付いてるのはこんなちっちゃなスピーカー。それでいいの?

・最近ハイレゾとか言ってるけど、レコード以降は音が良くなったことがない。小さくなっただけ。

・スタジオ録音にしろライブ録音にしろマスタリングが非常に重要。
 ここがダメだと立体感も臨場感も出ない。

などなど・・・
まさかこんな突っ込んだ内容を民放のTV番組で見れるとは思いませんでした。
オーディオの専門誌でもこれくらい載せてくれるといんですけど、
それは絶対にムリですね(笑)

番組の内容はyoutubeでもUPされているようなので、詳しく知りたい方はご覧になってみて下さい!
https://www.youtube.com/watch?v=jeFSxogOZ4c