吸音材の効果とは?

このページでは、

・吸音材の効果とは何か?
・なぜ、ルームチューニングで吸音材が必要なのか?

といった事について、”簡単に”紹介させて頂きたいと思います。
“簡単に”する都合上、難しい話はざっくり省きますので、そこはどうか勘弁して下さい。

さて、吸音材について説明するにあたり、見ていただきたい絵があります。

watayuki_0
←こちら

さて、これは何でしょうか?
3色に塗られた絵・・・正解は、「部屋の角」です。

「分かる訳無いじゃないか!」とか言わないで下さいね。
今回は、この「部屋の角」に着目して、吸音材のお話をさせて頂きます。

オーディオルームに限らず、だいたい8つはある「部屋の角」。
入り口がくぼんでいたり、はりがあったり、棚があったりすると、 角はどんどん増えていきますよね。

ところが、この「部屋の角」。これがオーディオの天敵なのです。


watayuki_1
実は、この部屋の角には、目に見えない魔物が住み着いているのです。
部屋の角では、3面の壁によって音が反射していくので、 角の空間の音がこもって、目に見えないモヤモヤが出来てきてしまいます。

試しに、そのモヤモヤを目に見えるように表現してみました。
見た目にはちょっとかわいいですが、実はコイツがかなりのクセ者です。
そのクセ者っぷりを見てみましょう。


watayuki_before

部屋の角で発生したこのモヤモヤ、 ずっと部屋の角に居てくれれば良いのですが、そう都合良くはいきません。
部屋の角からフラフラ~っと飛んできて、 スピーカーから鳴っている本来の音に重なってしまうのです。

目には見えないし、意識したからといって聴こえるものでも無いのですが、気がつかないところで、色々と悪さをしているわけですね。

watayuki_2
そこで、Watayuki(吸音材)の登場です。
音を吸収する役割のWatayuki(吸音材)をモヤモヤが発生する場所に置いてあげる事で、 このモヤモヤを吸収・抑制してくれるのです。

まずは試しに1~2箇所にWatayuki(吸音材)を置いてみてください。
きっと、「あ、こんなに色々な音が鳴っていたのか・・・」と思うはずです。


watayuki_after

さて、Watayuki(吸音材)を置く事で、部屋の角で発生していたモヤモヤが無くなって、 はっきり・スッキリと本来の音が聴こえるようになってきました。
吸音材による『モヤモヤ退治』ってこんなに効果があるんですね!

ぜひ、皆さんもご自宅で大変してみて下さい。
あまりの効果に、とても楽しくなりますよ!

「こんなに小さいアイテムでココまで効果があるんだ!」 と楽しくなってしまいそうなWatayuki(吸音材)ですが、ちょっと落ち着いて下さい。
Watayuki(吸音材)はその名の通り『音を吸う』アイテムですので、 調子に乗って置き過ぎてしまうと本来の音まで吸収してしまう事もあるのです。

小型の吸音材ですので、効果を確認しながら少しずつ効果を確認しながら、調整を進めてみて下さい。
拡散材の『Azteca』との組み合わせも、とても効果的ですよ!

関連コラム