ルームチューニングのセオリー「一次反射」実験レポート

 『ルームチューニング材はどこに置けば良いの?』のコーナーでは、 定在波・こもり音など3つの”モヤモヤポイント”についてご紹介しています。

ところが!!
実は、ルームチューニングにはもう一つ、とっても重要な”モヤモヤポイント”があるのです。
さらに、その”モヤモヤポイント”が簡単に探せる【小技】を、実践形式でご紹介します。

dokayukituning_1aスタッフM:う~ん・・・ここの角度がこうなるためにはこっちの距離の比がこっちとこうなって・・・・・・
スタッフS:あれ?M君、ずいぶん悩んでるね。
M:・・・・でもこれだけだと高さの位置がわからないから、今度は・・・・・
S:大丈夫??おーい!!
M:あ!Sさん、こんにちは!どうかしました??
S:なんか難しそうな事を考えてたみたいだけど、どうしたの?
dokayukituning_2aM:実は、ルームチューニング材の新しい設置場所を考えてるんです。
S:それなら、実際に置いて試した方が良いんじゃないの?
M:せっかくなので、できるだけ効果がはっきりわかる様に「一次反射」の場所を探してみようと思って。
S:なるほど、でもあんまり難しいのもね・・・何か簡単な方法とかは無いの?
dokayukituning_3aM:そうだ!Sさん、ちょっとコレを使って手伝って頂けませんか?
S:これって、鏡・・・だよね?コレをどうするの??
M:実はですね、この鏡を使うと、面倒な計算をしなくても、ルームチューニング材を設置するベストな場所が見つかるんです。
S:なんか面白いそうだね。ぜひ試してみよう!
M:では、このリスニングポイントに座って、待っていて下さい!
dokayukituning_4aM:鏡の向うに、ツイーターが見える位置を探します!
S:それだと、もうちょっと鏡が奥の方じゃないと見えないかな・・・
M:では、少し動かしてみます。見えました?
S:う~ん、もうちょっとだけ奥かな・・・
M:この辺りですか?
S:あ!見えたよ、そこだ!!
dokayukituning_5aM:こうやって鏡を置いて、向こう側にツィーター(ウーファー)が見える位置が一次反射のポイントなんです。
S:と言う事は、その位置にルームチューニング材を設置すれば良いんだね。
M:はい、先ほどツイーターが見えた位置が中心になる様に吸音材を取り付けてみます!
S:思ってたよりも簡単だね。頑張れば一人でも出来るかも。
dokayukituning_6aM:ずいぶんスピーカーの近くになりましたが、これが正しい位置です。
S:じゃあ、とりあえず聴いてみようか?
・・・・・・・ 試聴中 ・・・・・・・
S:おぉ!これは、ずいぶん違うものだね!
M:いや、僕も予想以上に効果が出たんでビックリしています(汗
S:鏡で手軽に一次反射対策、大成功だね。これは便利だ!
M:ちなみに、今回は吸音材を使いましたが、効果が強すぎて音が詰まってしまう場合は、拡散材が効果的な事もあります。
S:思った以上に簡単に出来るので、皆さんもぜひお持ちのルームチューニング材で試してみて下さい!

ルームチューニングについてのご相談は、こちらからどうぞ! ⇒ お問い合わせフォーム

関連コラム