ホログラフィックサウンドとは?

holographic~音楽は三次元になる~
ホログラフィックサウンド
“Holographic Sound”(ホログラフィックサウンド)はKRYNAの登録商標です


ホログラフィックサウンドとは、KRYNA株式会社が提唱する「音の空間表現についてX軸(広がり)Y軸(高さ)Z軸(奥行き)で描く立体的音像」の事を言います。
オーディオシステムにおいてホログラフィックサウンドを追求する事により、音楽はスピーカーを離れ、まるでオーケストラが目の前にあらわれたかのような広大なステージを作り出します。

このページでは、ホログラフィックサウンドの軸となるX軸(広がり)Y軸(高さ)Z軸(奥行き)とは、一体どのような表現なのか?ひとつひとつ、ご紹介をしていきます。

◆ホログラフィックサウンド X軸:広がり

r_hs_6

ここで言う広がりとは、音場空間における左右の広がりの事。
左右のスピーカーの間に音場空間が出来上がるシステムは比較的簡単に作る事ができますが、スピーカーよりも外側に音場空間が広がっていくシステムにはあまり出会えません。
ホログラフィックサウンドを追求する事で、よりダイナミックで広大な音場空間を作り出すことができます。

◆ホログラフィックサウンド Y軸:高さ

r_hs_5

コンサートホールで生のオーケストラの演奏を聴いている状況を思いうかべてください。
一般的なシステムでは、床下からスピーカーまでの比較的低い位置から音が聴こえてくるため、コンサートホールの二階席から聴いている様な感じになってしまいます。
一方、高さの表現ができるシステムでは、等身大の高さから音が聴こえてくるので、まるでコンサートホールのS席で聴いている様な感覚になるのです。
例えば、打楽器・・・特にティンパニなどは、演奏者の真上に向かって音が鳴り、その音が緻密に設計されたホールの天井に反射して、観客席に降り注ぐのです。
オーディオで「スピーカーよりも上から音が降ってくる」と言うリアルな体感が出来るのも、ホログラフィックサウンドの醍醐味です。

◆ホログラフィックサウンド Z軸:奥行き

r_hs_3
r_hs_4

一般的には、スピーカーから音が出ている方向、つまりスピーカーの前方である「聴き手とスピーカーの間」に音場空間ができるシステムが多いのですが、ホログラフィックサウンドを表現できるシステムの場合には、「スピーカーの後方」に音場空間が広がるのを感じる事ができます。
本来あるはずの部屋の壁は感じられず、スピーカーのむこうに無限に続く空間がある・・・それが私たちが理想とする奥行きです。

◆ホログラフィックサウンド まとめ

r_hs_7

これら広がり・高さ・奥行きの表現が出来るようになる事で、立体的で音場空間が広い、リアルなステージが再現される事、それがKRYNA株式会社が提唱する『ホログラフィックサウンド』です。

◆ホログラフィックサウンドへの近道

ホログラフィックサウンドへの近道は、まず信頼できる専門スタッフに相談する事です。
「あれでもない・・・これでもない・・・」と色々な製品を買い換えている方がよくいらっしゃいますが、しっかりとした評価で確かな製品を購入していけば、買換えを繰り返す必要は無くなります

オーディオは買った所で終わりではなく、買ってからがスタートです。
ご購入前・後どちらでもかまいませんので、ぜひセッティング方法などをご相談ください。
お問い合わせフォーム

納得のいくシステムが揃ったら、今まで買換えに費やしていた予算のうちいくらかをインシュレーター・ケーブルなどのアクセサリーに使ってみましょう。
今までよりも少ない予算で、今までよりもずっと素敵な音楽があなたを待っています。
本当に音楽を楽しめるオーディオシステム作りを、ぜひお手伝いさせてください!
ホログラフィックサウンドを実現するには?