バイワイヤリング接続って何?

通常、アンプとスピーカーを繋ぐには、L側・R側でそれぞれ1本ずつ合わせて2本のスピーカーケーブルで繋ぎます。
この様な接続方法は、各ch1本ずつケーブル(ワイヤー)を使う事から”シングルワイヤリング接続”と言い、それよりも多い各ch2本ずつのケーブルを使う方法を”バイワイヤリング接続”と言います。
アンプとスピーカーを”バイワイヤリング接続”で接続する事で、あなたのシステムの音がもっと良くなります。

しかし、”バイワイヤリング接続”を行うためにはスピーカーがバイワイヤリング対応の物である必要があります。
お持ちのスピーカーの接続端子を確認してみてください。

wire_1

①のスピーカーでは、接続端子が1組付いています。
この様なスピーカーは残念ながらバイワイヤリング未対応、お持ちのスピーカーがバイワイヤリング未対応の場合はバイワイヤリング接続を使用することはできず、シングルワイヤリング接続のみとなってしまいます。

wire_2

②のスピーカーでは、接続端子が2組付いています。
こちらのスピーカーはバイワイヤリング対応、お持ちのスピーカーがバイワイヤリングに対応している場合は、バイワイヤリング接続によってもっと音を良くする事が出来ます。

jamperバイワイヤリング対応のスピーカーは、2組の端子をショートジャンパーで接続することで、通常のシングルワイヤーのスピーカーケーブルでも使えるようになっています。
しかし、ショートジャンパーを使わずにバイワイヤリングのスピーカーケーブルで接続することで、スピーカーの真の実力を発揮する事が出来るのです!
バイワイヤリング対応のスピーカーをお持ちの方は、是非一度バイワイヤリング接続をお試し下さい。

関連コラム