スピーカーケーブルの正しい選び方とは?

アンプ(プリメインアンプやパワーアンプ)からスピーカーまでを接続する『スピーカーケーブル』は、たくさんあるオーディオ用ケーブルの中でも、特に音への影響が出やすいケーブルです。
しかし、スピーカーケーブルを選ぶにあたっては、ケーブルの種類が非常に多いだけでなく、プラグの形状や長さの選定など、簡単にはわからない事がたくさんあります。
このページでは、数え切れない程のスピーカーケーブルの中から、あなたにぴったりのケーブルを選び出すためのノウハウをご紹介します。

◆スピーカーケーブルの端子の形状について

スピーカーケーブルを選ぶにあたって、一番最初に悩むポイントは「端子の形状」ではないでしょうか?
Y端子だのバナナプラグだの言われても、どれが良いのか分からない・・・・・そんな方のために、まずはスピーカーケーブルの端子の選び方をご紹介します。


<端子なし> オススメ度:★☆☆☆☆

アンプやスピーカーに付いてくる付属のケーブルは、ほとんどがこの状態(端子なし)です。
端子を付けると接点が増えるので、本来は端子無しが一番良い!と言った話も聞きますが、本当でしょうか!?

ケーブル劣化の様子素線に何もつけていない状態は確かに接点も少なく、抵抗から考えてもいいように思えるのですが、それはあくまでも被覆を剥いてすぐの状態です。ケーブルの素線が外気にそのまま触れている状態では、あっという間に酸化(=劣化)し、ケーブル本来の実力を発揮出来なくなってしまいます!
素線が酸化するたびに剥きなおしますか??普通そんなことしませんよね。また、端子がないと取付も面倒だし、より線のケーブルなどは”ひげ”が原因でショート状態となってアンプを壊してしまう事などもあるので、何かしらの端子を使う様にしましょう。


スピーカーケーブル:端子なしの例 スピーカーケーブル:端子なし:イメージ図 素線がそのまま外気に触れているのはNG。あっという間に劣化してしまいます。

<Y端子(スペード)> オススメ度:★★☆☆☆

完成品として販売されているスピーカーケーブルに多い一般的な端子。
見た目の形状から、そのままY端子、海外ではスペードと呼ばれます。

一見すると接触面積が広く、音質的にも良さそうに見えますが、実は面では接触しておらず、凹凸がある中で一番出っ張っている部分のみの接触となっています。
そのため、見た目ほどしっかりとまっていない事を認識しておきましょう。
しっかり締めたはずなのに、気づいたらゆるゆるになっていた!」という事も日常茶飯事です。

端子の接触面積特に、オーディオ用として販売されている端子は素材が硬く、しっかりと作られている様に見えますが、端子については硬ければ硬いほど要注意!
端子の面にあるわずかな凹凸については、端子の素材が柔らかければある程度までは変形して埋まってくれますが、硬い素材の場合にはきちんとネジを締めた時にも変形しにくいため、結果的に接触面積が狭くなり、音質的に不利になってしまいます。
そして何より、取り回しの悪いケーブルと硬いY端子の組み合わせは接続がとても大変です。経験のある方もいらっしゃると思いますが、片方を付けてもう片方を付けてるあいだに勝手に外れてしまった・・・と接続する時にイライラすること必至です(笑)

端子無しに比べると素線が劣化しにくく、ケーブルを良い状態で長く使えるメリットはありますが、あまりお勧めはできません。

スピーカーケーブル:Y端子・U端子の例 スピーカーケーブル:Y端子・U端子:イメージ図 実は見た目よりも接触面積が小さいデメリットが。Y端子を選ぶならなるべく柔らかい素材の物が良いでしょう!

<バナナプラグ> オススメ度:★★★☆☆

ターミナルにまっすぐ差し込んで使うタイプのプラグ。
抜き差しがしやすいため、オーディオショップの展示などでは重宝されています。

端子内部の比較的広い面積で360度ぐるっと接触しているため、接点の面積としては比較的優れている端子になります。
しかし、一般的なバナナプラグは「端子の変形が戻る力」(=バネの力)を利用しているため、ひっぱると簡単に抜けてしまう他、長期間使い続けているとバネの力が弱くなり、だんだん緩くなってしまうのがネックです。

スピーカーケーブル:バナナプラグの例 スピーカーケーブル:バナナプラグ:イメージ図 端子内部のイメージ図を見ればわかる通り、接触面積が比較的広い点はオススメ!アンプやスピーカー側の端子(ターミナル)を事前に確認しておこう。

<バナナプラグ(ねじ込み式)> オススメ度:★★★★★

KRYNAのBA-7Gなどに代表される、ちょっと特殊なバナナプラグ。
ターミナルに差し込んでからネジを締めると、端子が内側から広がりガッチリと固定ができるバナナプラグです。

端子の変形が戻る力(=バネの力)に頼らず、ネジを締める力を端子が広がる力に変換し、広い面積でガッチリと接続が出来る事は音質上も大きなメリット!!
音質を重視するならばぜひ使っておきたい端子です。

スピーカーケーブル:バナナプラグ(BA-7G) スピーカーケーブル:バナナプラグ(BA-7G):イメージ図 端子中央のピンが刺さる事で接点部分が押し広げられ、ターミナル側にぐっと押し付けられる方式。接続の強さは、なんと小型スピーカーをぶら下げる事が出来るほど!!

◆スピーカーケーブルの選び方について

世の中にあふれる無数のスピーカーケーブルの中から、どんなケーブルを選べば良いのか・・・・??
これは、スピーカーケーブルを検討している方に共通の悩みだと思います。

ケーブルの素材ごとの音の傾向、正しいケーブルの具体的な選び方については、
RCAケーブルの正しい選び方とは?』のコーナーに詳しく書いてありますが、ここでも簡単にご紹介しておきましょう。

一言に「ケーブル」と言っても、オーディオ用のケーブルだけでもスピーカーケーブル/RCAケーブル(ラインケーブル)/デジタルケーブル/電源ケーブルなど様々な種類のケーブルがあり、
流れる信号の周波数帯・強さ・性質などによって、それぞれ最適なケーブルの内容は異なるのです。
スピーカーケーブルの場合で言えば、
・非常に広い周波数(一般的な可聴域として、20Hz~20,000Hz)のアナログ信号をバランス良く伝える必要がある。
・比較的強い信号が流れるが、長い距離を接続する場合も多く、シールド処理をされているものが望ましい。
などの特性から、最適なケーブルの構造が決まります。

◆スピーカーケーブルの素材について

諸説あふれるオーディオ業界のこと、「屋内配線で使われるFケーブルこそが至高のケーブルだ!」なんて話も聞いた事がある程ですが(笑)
電源用のFケーブルにしても、加工や取扱いのしやすさや規格としての安定性など、屋内配線用の線材として使用される理由があるわけで、
そのケーブルがスピーカーケーブルとして優れているかどうかは、また別の問題。
「これは電源ケーブルですが、スピーカーケーブルとして使っても優秀です」などといった事は、絶対にありえない話なのです。

有名な素材を例に、それぞれの特性を簡単に説明しておきます。

銀線や銀メッキ線 × 高域に独特の特徴があるサウンドになってしまう。
かなり音の印象が変わるため、劇的な変化と特徴的なサウンドを楽しみたい人向け。
OFC(銅線) × 最もベーシックとなる線材。ケーブルの作りこみによって仕上がりに差が出やすく、評価が難しい。
素材の特徴が比較的少ないので、構造などの作り込み次第では優秀なケーブルに仕上がる事も。
6N(99.9999%)など × 純度が上がるほどキツく、うるさい音になる。
よく聴けば音はスカスカで、芯のない音になっているのがわかる。
パッと聴いた印象としてはメリハリがあり、S/Nが上がったような気がする。
単線(Fケーブルなど) × スピーカーからの音離れが悪く、表面的なキツさ、うるささが目立つ。
音がまとまってひとかたまりで前に出てくるので、音圧がグイグイくる感じが好きな”音圧マニア”に好まれる。

上の表を見ればわかりますが、それぞれの素材ごとに明確に特徴がついているため、素材の種類だけに着目したケーブルを使用するのはとても危険です。

素材の特徴がはっきりと出てしまわないように、ケーブル全体できちんと調整されているケーブルを選ぶようにしましょう。

◆スピーカーケーブルのシールドは是か非か?

スピーカーケーブルについて色々と調べているうちに、「オーディオ用のケーブルは無意味に高すぎる!これはオカルトか?メーカーの陰謀か!?」といった内容で、
数千円程度の細~いケーブルを紹介しているページにたどり着く方が多い様に思います。
『実は、非常に安い上に音の良いケーブルがある』などと言われると、「本当にそうだったら嬉しいな・・・」という心理的要因から思わず信じてしまう方も多いのです。
そう言った「表面上だけは良さそうな」情報に惑わされて変なケーブルを買わされない様に、冷静に正しい判断が出来る様に気をつけたい物ですね。

話がそれました・・・・
「スピーカーケーブルのシールドは是か非か?」については非常に多くの意見があり、中には「シールドがあるケーブルは逆に音が悪くなる」と信じている方もいらっしゃる様子です。(幸いにして、少数派ではある様ですが・・・)
ここでは、スピーカーケーブルにおける”シールド構造”のメリット(長所)とデメリット(短所)についてご紹介します。

<シールド構造のメリット:長所>
シールド構造は、ケーブルの内部を通る信号を外部のノイズ(具体的には、電源ケーブルやトランス、コイルなどの影響)から守るための構造です。
RCAケーブルなどの信号線は特にノイズに弱いため、シールド構造を使用するケースが多い様ですが、
それはスピーカーケーブルの場合も同様で、シールド構造により外部からのノイズの影響を少なくする事が可能です。
具体的な効果としては、S/Nが高くなる・情報量が増える・ダイナミックレンジが広がると言った効果が出るのが、正しいシールド構造のあり方です。

<シールド構造のデリット:短所>
一方で、不幸にも「シールド構造のせいで音が悪いケーブル」に当たってしまった方もいらっしゃいます。
具体的には、音が詰まってしまったり、こもってしまったりなど、どうしても”スーッと心地良く通る音”にならないケーブルに苦労している方々です。
実は、そのほとんどは銀線やマグネシウムなどの特殊な素材でシールド処理を施したケーブルです。
一聴した印象としての”音色の変化”を追いかけてしまうと、(あくまで一時的にですが)この様なケーブルに魅力を感じてしまう事もあるため、注意が必要です。
シールド付きのスピーカーケーブルを選ぶ時には、シールドの線材についてもよく吟味して検討するようにして下さい。

◆PLUTONおすすめのスピーカーケーブルは?

当店おすすめのスピーカーケーブルは、KRYNAのスピーカーケーブルSpcaシリーズです。

使用している素線は、銅の極細線を何重にもツイストして作られた、KRYNAオリジナルのより線構造。
特殊な素材を使用せず、シンプルながらも世界中から厳選して選ばれたヨーロッパ製の超極細線を採用し、
さらに素線としてのより合わせ方法やよりの強さ、外皮のテンションのかけ方にまでとことんこだわって製造されています。
ここまでのレベルで素材によるクセを無くし、かつハイグレードなケーブルに仕上げている製品は他に見た事がありません。

ベースの線材としては、エントリーモデルのSpca3(2,600円/m)からハイエンドモデルのSpca7(13,000円/m)まで全て共通の線材を使用。
ここは、メーカーとしての音作りに一切妥協せず、一貫したポリシーとして設計されている部分です。
その上で、エントリーモデルのSpca3ではシンプルな2芯構造を使用し、ミドルモデルのSpca5(7,000円/m)からは2芯→4芯構造へグレードアップ、情報量・エネルギー感の向上を実現しています。
さらに、Spca7(13,000円/m)についてはダブルシールドを採用する事で、さらなるS/Nの向上とエネルギー感の向上をそれぞれ実現!
もちろん、シールドの線材にもシンプルな銅線を使用し、シールド構造のメリットを最大限に活かす設計になっている事は言うまでもありません。

KRYNAのケーブルシリーズについては、RCAケーブルのシリーズとなるInca3・Inca5・Inca7や電源ケーブルのAccaシリーズ、デジタルケーブルのDicaシリーズに至るまで、全ての製品が【ホログラフィックサウンド】という1つの目的に合わせて設計されています。
そのため、一つの製品に納得出来れば、他の製品も全て揃えたくなる。
その証拠は、ユーザーレポートのコーナーなどに寄せられたレビューを見て頂ければ一目瞭然です。
これほど、目指すべき音が明確で、一貫してぶれていないケーブルは他に無いのではないでしょうか?

KRYNAのスピーカーケーブルに興味のある方は、ショールーム(東京都町田市)にて全種類が試聴出来ますので、ぜひその実力を体験してみて下さい。
きっと、今までのオーディオ観が変わるほどのスピーカーケーブルに出会う事が出来るはずですよ!!

関連コラム