アンプに合わせて選ぶ「2種類のバイワイヤリング」

スピーカーにバイワイヤリング対応の物と未対応の物がある事については「バイワイヤリング接続って何?」のページもでご紹介しましたが、実はパワーアンプの方にもバイワイヤリングに対応している物と未対応の物があります。
お使いのパワーアンプのスピーカー端子を確認してみてください。

wire_3_1

モノラルパワーアンプの場合、スピーカー端子が片chにつき1組ずつしかないパワーアンプ①は、残念ながらバイワイヤリング未対応のパワーアンプです。
(ステレオアンプの場合、右ch/左chに1組ずつ、計4個の端子がある仕様です)

パワーアンプ②はスピーカー端子が片chにつき2組ずつあるパワーアンプ、こちらがバイワイヤリング対応パワーアンプになります。
(ステレオアンプの場合、右ch/左chに2組ずつ、計8個の端子がある仕様です)

A+Bなど2台のスピーカーを接続出来るアンプも、両方の端子を使用する事でバイワイヤリングに対応出来ますので、ご安心下さい。

◆バイワイヤリング用ケーブルの例

wire_3_3

バイワイヤリング対応パワーアンプをお使いの場合は、シンプルなケーブルの構成でバイワイヤリング接続が導入可能です。
「バイワイヤーB」の接続方法は、同じケーブル・同じ長さのケーブルを2セット(4本)使用する接続です。

例えば、スピーカーAの端子からTW側へ、スピーカーBの端子からWF側へ接続すれば、バイワイヤリング接続の導入は完了です!

◆バイワイヤリング未対応のアンプの場合は?

wire_3_2

お使いのアンプがバイワイヤリング未対応だった場合は、スピーカーケーブル側をバイワイヤリング仕様にする必要があります。

一番シンプルな方法は、KRYNAのバナナプラグ(BA-7G)のジョイント機能を使用して、アンプ側の端子1つに2本のケーブルを接続する方法です。

バナナプラグ(BA-7G)付きのケーブルを2組用意するだけですので、将来的にバイワイヤリング対応パワーアンプに変更した際も切り替えが可能です。

もう一つの方法は、スピーカーケーブルを加工して、2本のケーブルを1本の端子でまとめる方法です。
こちらは、当店でスピーカーケーブルを注文する際に、「バイワイヤーA仕様を希望」と記載頂ければ、追加料金にて対応が可能ですので、ぜひご利用下さい。

関連コラム